本文へ移動

無垢フローリング

無垢フローリング

無垢フローリングとは本物の自然素材である無垢木材をフローリング加工したものを無垢フローリングと言います。
自然の木そのものである無垢フローリングは、有害な化学物質をほとんど含んでいません。四季の変化が大きく高温多湿である日本での住宅事情を考えますと、加工されても常に呼吸をして室内の調湿作用をしてくれる無垢フローリングが最適と言えます。
丸タカンパニーでは大切に育てられた無垢の吉野杉フローリングや吉野桧フローリングを自信をもってお奨めしています。

無垢フローリング材

 
■調湿作用
湿度によって湿気を吸放出し、室内の湿度を一定に保とうとします。
常に呼吸をして、室内を快適にしてくれる天然の除加湿材です。
 
■心地よい肌触り
コンクリートに比べて熱伝導率が低く、コンクリートと比較すると木材の熱伝導率はわずか10分の1程度。
天然木は空気を多く含むことにより、熱も伝わりにくいのです。
その結果、合板の無機質な肌触りとは違い、無垢はほんのりと温かみを感じることができます。

吸湿効果で夏はさらっとした肌触り、冬はほんのりと温かみを感じることができ、
木目の美しさは目を優しく包み込み、天然木の香りで心地よい森林浴を楽しむことができます。
また歳月を経て、色味や模様の深みなど味のある姿を楽しむことができるのも無垢材ならではないでしょうか。
丸タカンパニーでは、日々大切に育てられてきた無垢の吉野杉フローリングや吉野桧フローリングを
自信をもってお奨めしております。
興味をお持ち頂けましたら、ぜひ一度お気軽にご連絡くださいませ。

Webカタログ

杉材

無垢フローリング対応樹種(ご希望の樹種をクリックしてください)

2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
丸タカンパニー
〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園
5丁目5-17
TEL.0798-34-4041
FAX.0798-34-5448

 
TOPへ戻る